HalcyonStyle & Life

鬼鱒達


ほぼ午後からの釣り
結果次第では最終釣行
まず目指したのはアマゴの棲む小さな流れ


29の泣尺+6寸~7寸数尾

その後今度はヤマメの川へ!
先日の雨と冷え込みで、僕のスイッチとストリームセンスはピークである
僕のアンテナは葦に囲まれたガンガン瀬を示している
いい鱒を求め小さなボサ川を撃って回る
ザウルスの故・則氏の言葉を借りれば「ショットガン」だ!ポイントを絞り込んで狙い撃ち!
まぁ本流じゃないんで今回はランガンに近いけどネ

そして・・・・“青鬼” “赤鬼” “紅鬼” “黒鬼”




31.2



33



32.4


良い鬼鱒達に出会い気分は最高潮!
更に最後に入ったやはり葦に覆われた沢
陽は既に山の向こうに
両岸が葦に覆われ川幅は2メートルに満たない
その為、川は深くえぐられ50m程の長さで深瀬が連続して続いている

圧巻だった
1ポイント1本のペース!!




30.5 29 27前後5本


里川1シーズンの出会いを1日で達成したかのようで、夢のようだ
1日(しかも午後から)でこれだけの鱒達に出会えたのは過去に無い
もちろん大満足で・・・・

後はゆっくりそして詳しく今シーズンのホームページに載せていこう

2010年9月末
急に冷え込んだ夕刻、未だ興奮して体が火照っているのを冷ますように
のんびりといわし雲の並んだ秋空を眺め
僕は、川に向かって一礼し「本当にありがとう」とつぶやいた


TemplateDesign by 春始音

Copyright(C) OILFIN blog HalcyonStyle&Life AllRightReserved.